(PyCharm)デバッグ中に変数の値を変更する(式の評価)

PyCharmでデバッグ中に変数やオブジェクトの値を変更する方法について説明しています。まだ、PyCharmのデバッグ機能をあまり試していない方は、是非参考にしてみてください。

目的と動作環境

最終更新日:2021/5/22

PyCharmではデバック中にコード内の変数やオブジェクトの値を変更する事(式の評価)が可能で、これはデバッグの便利な機能の1つです。 今回は、その方法について書いていきます。

■動作環境とバージョン情報です。
OS:macOS Big Sur(バージョン11.2.3)
PyCharm:Community版、バージョン2021.1.1

PyCharmのデバッグ中に変数の値を変更する

まずデバッグ用にPythonファイルを作成し、簡単なPythonコードを書きます。

list1 = [1, 2, 3]
print(list1)
list1(リスト型)を作成してprintで表示するだけのスクリプトです。
デバッグ中にこのlist1の値を変更してみます。

"print(list1)"の行にブレイクポイントを付けてデバッグ起動します。
PyCharmでデバッグ中に式の評価

そして、デバッグビューの上部メニューバーにある"式の評価"を表す計算機アイコン(図の赤枠で囲んだ部分)を選択します。

すると、評価ウインドウが起動しますので、"式:"のテキストボックスに実行したいコードを書いて、右下にある評価ボタンを選択します(ここでは、"list1[0]=10"を入力して、list1の1つ目の要素の値を10に変更してみます)。
PyCharmでデバッグ中に式の評価画面で変数の値を変更

これでデバッグビューでlist1の値を確認すると、値が"[10, 2, 3]"に変更された事が確認できるはずです。

また、デバッグ中にPyCharmのコンソールタブのコンソール上で式を評価する事で(コードを実行できる)、変数の値を変更する事ができます。
PyCharmでデバッグ中にコンソールで変数の値を変更

以上簡単でしたが、PyCharmのデバッグ中の式の評価について説明しました。
Pythonのコードをデバッグする上で非常に便利な機能だと思うので、是非使いこなしてみてください。