新規ユーザのSSH接続確認をサーバ1台で完結する

リモートPCからLinuxサーバにSSH接続するのではなく、Linuxサーバ上で自分に向けてSSH接続するという話です。

Linuxサーバ1台でSSH接続の確認をする

最終更新日:2022/9/17

SSH接続できるLinuxサーバ上で新規ユーザを作成した場合、今まではリモートの別マシンからLinuxサーバにSSHログインして接続の確認テストをしていたけど、Linuxサーバ上で自分自身にSSHログインしてSSH接続の確認をする事ができますね。つまり、Linuxサーバ1台でSSH接続の確認を完結できるって事です。

実際に試したsshコマンド例です(パスワード認証)。-lオプションで接続するユーザを指定して、ホスト名はlocalhostを指定します。

$ ssh -l testuser localhost
〜
-lオプションを使わなくて、"ユーザ名@localhost"の形式でもSSH接続できます。
$ ssh testuser@localhost
〜
また、一度インターネットに出てからSSH接続もできるので、localhostの部分をホスト名やIPアドレスに変えてもSSH接続できます。IPアドレスはグローバル・ローカルどちらでも。
$ ssh testuser@***.***.***.***
〜
コマンド自体は普通のsshコマンドですね。
上で試したsshコマンドはパスワード認証だけど、鍵認証でもできると思います(鍵さえ用意すれば)。