ITジョグ

地方都市でフリーランスのITエンジニアとして働くには

首都圏以外の愛知(名古屋)、大阪、兵庫、京都(神戸)、福岡などの地方都市で、フリーランスのITエンジニアとして働きたい、仕事・案件を探している方は参考にしてください。

この記事で書いてある事

最終更新日:2022/7/31

ここでは、地方でのフリーランス(個人事業主)のITエンジニアの仕事事情について書いています。地方でフリーランスのになる事を検討しているプログラマ、Webデザイナ、インフラ系のITエンジニアや、仕事・案件を探している方は参考にしてみてください。

フリーランスのITエンジニアと言っても様々な働き方があると思いますが、ここでは主にエージェント企業から客先企業(クライアント企業)を紹介してもらって、客先で常駐、またはリモートで仕事をするフリーランスエンジニアについて書いています。

リモートワークなどで勤務地を問わないITエンジニアの求人が増加

地方で働くITエンジニアは多くいると思いますが、それでもITの仕事や求人は東京などの首都圏が多く、首都圏で仕事をするITエンジニアが多いと思います。

ただ、コロナ禍になって在宅勤務などのリモートワークが進んだ事や、元々のIT人材不足の問題もあって、IT企業のエンジニア職種は勤務地を問わない求人が増加しているようです。
「勤務地を問わない」求人、コロナ禍前と比べ11.3倍に IT企業のエンジニア職で増加

ITエンジニア職の仕事数だけで言えば東京が一番だと思いますが、地方には色々魅力がありますし、経済面でも地方は家賃などの生活コストが安くすむという大きなメリットがあります。

将来的にフルリモートやハイブリット型の一部リモートの働き方を継続したり、新しく取り入れる企業があれば、地方に住んでいるITエンジニアにとっては、生活コストは安いままで都市圏の仕事などの機会が増えるので非常に良い事だと思います。

地方のフリーランスのITエンジニアが、エージェント企業を活用して仕事を探す

ITの仕事は東京が多いという話をしましたが、フリーランスのITエンジニアの場合も、働く場所はまだまだ東京や神奈川などの首都圏にかなり集中していると思います。

ITフリーランスのエージェント企業のWebページで公開案件を見ても、東京や神奈川などの首都圏ばかりの物が多く目立ち、地方は地方都市でさえ東京と比べると少ない印象です。

それでもIT業界に特化したエージェント企業の中には、案件数を豊富に保有しているエージェントがあり、そういうエージェントは東京だけでなく地方都市の案件も持っていますし、フルリモートやハイブリット型の一部リモートの案件もあります。

完全常駐だと毎日現場に通勤しなければならないので、どうしても住んでいる場所的な制約ができます。その点、フルリモートや一部リモートの案件であれば、都市部から少し離れたフリーランスITエンジニアが働ける環境はあると思います。

ちなみに、エージェントで案件数が豊富にあるだけでなく、客先の直接案件(直請案件・元請案件)も多くあり、マージン率(手数料)が低い場合、フリーランスエンジニアの取り分の比率が大きくなりますから、結果的に高単価案件、高額報酬になるケースが多いです。ですので、もしエージェント企業を活用するなら、そういうエージェントとお付き合いする方が報酬的には得です。

レバテックフリーランス [広告]

レバテックフリーランスは、フリーランスITエンジニアに特化したエージェントで、案件が豊富にある事、低マージン、高単価報酬などを謳っています。

[広告]

レバテックの案件を地域別に見ると、もちろん東京が多いですが、神奈川(横浜)・千葉・埼玉などの関東圏、大阪・兵庫(兵庫)・京都などの関西圏、愛知(名古屋)、福岡などの都市の案件もあります。

福岡に関しては、元々福岡で誕生したIT企業があるだけでなく、別都市で生まれたIT企業も福岡に拠点を開くなどのニュースを見かけるので、フリーランスのITエンジニアの需要もある事が予測できます。
スタートアップ支援を推進する福岡市と4社のIT企業はなにを目指すのか?髙島市長も熱弁!さくら、アカツキ、ピクシブ、メルカリが福岡拠点開所へ

そして、レバテックにはリモートOK(フルリモートや一部リモート)の案件もあります。

また、レバテックは営業活動や客先との交渉などのサポートだけでなく、レバテックケアというフリーランスのための福利厚生パッケージがあり、税務関連、ヘルスケア、スキルアップ、リフレッシュ等のサポート制度もあるようです。

こういうサポート制度は、すでにフリーランスとして活動しているエンジニアはもちろん、これから初めてフリーランスとして働く事を検討しているITエンジニアにも良いと思います。

クラウドソーシングを活用して仕事を探してみる

フリーランスのITエンジニアが仕事を探す場合、上で話しましたエージェントを活用して営業活動をエージェントに任せるという方法以外にも、自分で仕事を取ってくるという選択もあると思います。

ただ、自分で営業活動ができたり人脈があるITエンジニアならいいですが、自分で営業活動なんて経験ないし勝手がわからない人もいると思います。

そういう場合は、クラウドソーシングのようなサイトで仕事を探してみるのも1つの手です。クラウドソーシングなら住んでいる場所に縛られない仕事もあるので、地方のフリーランスのITエンジニアにとっても仕事を探す場になると思います。

ただクラウドソーシングで仕事を探すと言っても、自分で営業活動や交渉などのコミュニケーションを取る必要がありますし、報酬面で月の収入が安定しない可能性があります。

対して、エージェント企業を活用すれば営業活動や客先との交渉事は任せられるし、良いエージェントであれば低マージンで客先の直受案件を紹介してくれるので月の報酬は安定します。
フリーランスのITエンジニア専門のエージェント企業の紹介

エージェント企業を活用するか、クラウドソーシングなどを使って自分で営業活動をするかは、人それぞれだと思います。フリーランスエンジニアとしてバリバリ働きたい人は、エージェントに紹介してもらった案件をやって安定収入を得ながら、クラウドソーシングを活用してみたり、他のやりたい事をするみたいな働き方もアリだと思います。